ストレスで息が臭い原因と対策とは?

息が臭い!それはもしかしたらストレスが原因の可能性があります!ストレスで息が臭い原因と対策を紹介します(^^)
MENU

ストレスで息が臭い原因とは?!

ストレスが原因でパソコンをかじる女性

 

ストレスは臭い口臭を作り出す要因になると考えられています。

 

その主な原因の1つはストレスが唾液の分泌量を減少させる要因になること!
よく、緊張するような場面で口の中がカラカラになるといった経験は誰でも
一度はあると思いますがまさにそれがストレスによるものです。

 

唾液は口内の衛生維持に欠かせない存在であり、
それが減少するために口内雑菌が増えて息が臭いんです!

 

唾液の分泌量のコントロールは本人の意思でできるものではなく、
自律神経と呼ばれる器官によりコントロールされています。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つで構成されていますが、
ストレスがかかると交感神経が優位となるため唾液の分泌量が減ってしまうんだそうです。

交感神経  ・・・・ ストレス、緊張、興奮状態ではたらく
副交感神経 ・・・・ リラックス状態ではたらく

 

ストレスで臭い息を改善するには?!

ストレスにより発生する臭い息を改善するには、
もちろんストレスを少しでも軽減してあげることが大切です。

 

ストレスを軽減して副交感神経が優位な状態を作り出し、
唾液の分泌量を増やしてあげることが根本的な臭い軽減の改善策です。

 

いくつかストレスを緩和する方法を紹介しますね(#^^#)

 

食生活改善

できるだけ食物繊維を取り入れた食事を摂ることがおすすめです。
食べたものが腸内を通っている間は副交感神経が優位になります。
食物繊維は腸内をゆっくりと進むため、副交感神経優位の時間を長くしてストレスが軽減します。

 

また、よく噛んで食べる習慣をつけることで、
唾液の分泌自体を増やすことができるので、息の臭いの改善ができます。

 

ゆっくりと入浴する

ゆっくりと温かいお湯につかることは副交感神経を刺激して、
ストレスを軽減するので唾液の分泌量も増えて息の臭いを軽減します。

 

あまり熱すぎるお湯は逆に交感神経を刺激してしまうので、
自分がほど良いと思う温度で入浴するようにしましょう!

 

適度な運動をする

運動中自体は交感神経優位となり息の臭いはきつくなるのですが、
適度な運動を定期的にすることは自律神経のはたらき全体を良くしてくれるので、
ストレス解消には最適です。

 

睡眠はしっかりとる

不規則な生活で睡眠時間がとれていないと自律神経のバランスが崩れます。
特に寝ている間は副交感神経優位になるので、その時間が少ないとストレスがたまりやすく、
息の臭いがきつくなってしまいます。
しっかりと睡眠をとることが息の臭いの改善につながります。

 

ストレスを緩和するような飲み物を飲む

例えば、ハーブティーなんかにはストレスを緩和する効果があったり、
炭酸系の飲み物なんかは副交感神経を刺激してストレスを減らすと言われます。

 

もちろん、自分が飲んで一番落ち着くと感じる飲み物は異なるので、
自分のリラックスできる飲み物を見つけることが1つの息の臭い対策となります。

 

 

 

もちろん息が臭い原因は他にもたくさんあります。
>>>口臭で押さえるべき3つの原因と口臭ケア方法について

 

その中の1つがストレスなわけですが、
ストレス社会といわれる現代だからこそ、今後もストレスによる口臭のリスクは増えていくと思うので、
自分なりの改善策を探してみてはいかがでしょうか(#^^#)

 

このページの先頭へ
基礎代謝量